妊娠中、産後の美白ケアのポイント

妊娠中や産後はシミやくすみが気になっても、赤ちゃんのことが心配で美白ケアにもなかなか手が出ないものです。でも女性はいつまでも美しくありたいもの、妊娠中や産後でもできる美白ケアはどういうものか一緒に見ていきましょう。

1
良く聞くといわれる美白化粧品には「ハイドロキノン」という成分が入っています。これは地黒の方にも効果がある漂白作用のある成分で効果は高いのですが、大量に使うと体調にまで影響を及ぼすほど強い成分です。

ハイドロキノンの含まれていないものを選びましょう。このような成分は体内含蓄性があるので、妊娠が分かったら即使用を中止しましょう。

妊娠中や産後はシミやそばかすが濃くなってしまったり、気を付けていても増えてしまったりします。これはホルモンの影響で、メラニン色素が増えて沈着しやすくなるのに
しばしば、「これは一時的なもので産後しばらくたつとホルモンバランスも自然に整い、できたシミも消えていきます」といわれます。だからといって、産後落ち着いてから美白ケアを始めても消えないシミもあるのです。シミは定着してしまったら消すのは本当に大変です。ですので、「今」はじめる必要があります。

とはいうものの、妊娠中や産後は美白ケアをしようにも、女性ホルモンバランスが変化して肌質が変わり敏感な状態になっています。肌のトラブルを防ぐために、お肌に優しい低刺激性のもの、あるいは敏感肌用の美白化粧品がおすすめです。最低限のスキンケアを継続していくことでお肌も落ち着きをとりもどしていくはずです。

妊娠中、産後は赤ちゃんの誕生という素晴らしい喜びはありますが、お母さんには精神的にも体力的にもストレスが多く、大変ですよね。そのうえピリピリ敏感肌に、大量のシミ・そばかす…。これでは気持ちもくもってしまいます。今からでも美白ケアいかがですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>